荻生金谷(読み)おぎゅう きんこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻生金谷 おぎゅう-きんこく

1703-1776 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)16年生まれ。荻生徂徠(そらい)の娘婿となり,跡をつぐ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩につかえ,藩校総稽古所の教授をつとめる。安永5年9月29日死去。74歳。本姓物部。名は道済。字(あざな)は大寧。通称は伊三郎,惣右衛門。著作に「入易門庭」「国語校草」「孟子校草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android