コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻生金谷 おぎゅう きんこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻生金谷 おぎゅう-きんこく

1703-1776 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)16年生まれ。荻生徂徠(そらい)の娘婿となり,跡をつぐ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩につかえ,藩校総稽古所の教授をつとめる。安永5年9月29日死去。74歳。本姓物部。名は道済。字(あざな)は大寧。通称は伊三郎,惣右衛門。著作に「入易門庭」「国語校草」「孟子校草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荻生金谷の関連キーワード荻生鳳鳴伊東藍田元禄儒者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android