コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅沼定芳 すがぬま さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅沼定芳 すがぬま-さだよし

1587-1643 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)15年生まれ。菅沼定盈(さだみつ)の6男。兄定仍(さだより)の遺領をつぎ,慶長11年伊勢(いせ)(三重県)長島藩主。近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩をへて,寛永11年丹波亀山藩(京都府)藩主菅沼家初代となる。4万1100石。寛永20年1月17日死去。57歳。初名は定好。通称は左近。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菅沼定芳の関連キーワード亀山藩(丹波国)菅沼定実菅沼定昭膳所藩

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android