コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊の司

デジタル大辞泉プラスの解説

菊の司

岩手県、菊の司酒造株式会社の製造する日本酒。平成22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きくのつかさ【菊の司】

岩手の日本酒。酒名は、菊は花の王であることから、「菊一輪、世界の花の司かな」という句にちなみ、酒の世界で司(王様)になれるように、との意を込めたもの。純米大吟醸酒純米吟醸酒、特別純米酒、純米酒、特別本醸造酒などをそろえる。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。仕込み水は中津川伏流水蔵元の「菊の司酒造」は安永年間(1772~1781)に酒造業を開始。別銘柄に「七福神」がある。所在地は盛岡市紺屋町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

菊の司の関連キーワード菜の花の沖日高見岩手県新関

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊の司の関連情報