コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池南陽 きくち なんよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池南陽 きくち-なんよう

?-? 江戸時代中期の儒者。
林鳳岡(ほうこう)にまなぶ。宝暦8年(1758)信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主真田幸弘にまねかれ稽古(けいこ)所でおしえる。多羅福山人の変名で「風俗酔茶夜談」をかいた。安永年間には老齢で江戸の根岸にすんでいたという。名は武慎。字(あざな)は伯修。通称は千蔵。別号に南陽園,臥竜館。著作に「七国象棋図」「南陽四部論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池南陽の関連キーワード岡野石城林鳳岡儒者

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android