コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林鳳岡 はやし ほうこう

美術人名辞典の解説

林鳳岡

江戸時代前期幕府の儒官。名は信篤、字は直民、春常と称する。後に大蔵卿法印に任じられ、弘文院学士の号を賜る。享保17年(1732)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はやし‐ほうこう〔‐ホウカウ〕【林鳳岡】

[1645~1732]江戸中期の儒学者。江戸の人。鵝峰の次男。名は信篤。徳川家綱から吉宗までの5代の将軍に仕えた。林家学問所が湯島に移され、官学の学問所となったとき、大学頭(だいがくのかみ)に任ぜられた。以後、大学頭は代々家の世襲となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

林鳳岡【はやしほうこう】

林信篤(のぶあつ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林鳳岡 はやし-ほうこう

1645*-1732 江戸時代前期-中期の儒者。
寛永21年12月14日生まれ。林鵞峰(がほう)の次男。元禄(げんろく)4年徳川綱吉の命で,上野忍岡(しのぶがおか)の邸内聖堂(孔子廟(びょう))を湯島昌平坂にうつす。これとともに蓄髪をゆるされ,士分となり,大学頭(だいがくのかみ)に任じられた。享保(きょうほう)17年6月1日死去。89歳。江戸出身。名は戇(とう),信篤。字(あざな)は直民。通称は春常。別号に整宇。著作に「四書講義」,編著に「武徳大成記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

林鳳岡

1644〜1732(正保元年〜享保17年)【儒学者】湯島聖堂の初代学頭。 儒学者の地位を確立した、林家のサラブレッド。江戸中期の儒学者。大学頭。名は信篤。林羅山に始まる林家の三代。1680年将軍となった綱吉により信篤は寵用され、1691年湯島聖堂が竣工すると大学頭の命を受けた。また、このとき蓄髪の命も出されが、これはそれまで僧侶と同様に剃髪を命じられていた林家が、武家の身分階級社会の中で、儒学者として独自の地位を得たことを意味する。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

はやしほうこう【林鳳岡】

1644~1732) 江戸前・中期の儒学者。江戸生まれ。鵞峰の子。名は信篤。僧号、春常。1691年将軍綱吉の命により、聖堂を上野忍ヶ岡より湯島に移し完成。束髪して大学頭となる。家綱から吉宗まで五代の将軍に仕えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林鳳岡
はやしほうこう

[生]正保1(1644).江戸
[没]享保17(1732).6.1. 江戸
江戸幕府の儒官。鵞峰の子。名は信篤。字は春常。幕府儒官林家 (りんけ) を継ぎ,元禄4 (1691) 年林家の家塾が湯島に移って昌平黌となると,その大学頭となった。また儒者が士籍に入ることを主張して,これを成功させた。将軍綱吉,吉宗の信頼が厚く,門下からは幕府および諸藩に仕える者を輩出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林鳳岡
はやしほうこう
(1644―1732)

江戸中期の儒者。名は信篤(のぶあつ)、または(とう)。字(あざな)は直民。鳳岡、整宇(せいう)と号す。鵞峰(がほう)の次男。兄春信(1643―1666)が早世したので家を継ぐ。1690年(元禄3)忍ヶ岡(しのぶがおか)の林家の学問所、聖堂を湯島に移す。このとき将軍綱吉(つなよし)の命により蓄髪し、大学頭(だいがくのかみ)に任ず。儒者が僧形(そうぎょう)をやめて一般の武士と同列に交わるようになったのは、ここに始まる。以後、家宣(いえのぶ)、吉宗(よしむね)の代まで湯島を文教の府となして儒教を振興すべく努める。著書に『鳳岡学士集』などがある。[玉懸博之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

林鳳岡 (はやしほうこう)

生年月日:1644年12月14日
江戸時代前期;中期の儒学者
1732年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の林鳳岡の言及

【林家】より

…〈はやしけ〉の音読による呼称で,江戸時代,林羅山を初代として幕府の教学に関与すること12代に及んだ家。1607年(慶長12)羅山が徳川家康に登用され,諸法度の起草,外交文書の起案など枢機に参与し,側近者的役割を果たし,秀忠,家光にも出仕し,その忍岡(しのぶがおか)の家塾は幕府の学問所的役割を担い,江戸の漢学興隆の基を開いた。次の鵞峯(がほう)も治部卿法印,弘文院学士としてその役割を継承し,3代の鳳岡(ほうこう)は蓄髪して大学頭に任ぜられ,将軍綱吉の学問振興策に際会し教学の中心となった。…

※「林鳳岡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

林鳳岡の関連キーワード神宮司五兵衛小宮山峴岳小宮山桂軒中村君山生年月日依田誠廬古野梅峰多湖栢山桂山彩巌奥村蒙窩小倉尚斎名越南渓鍋島直条細井広沢前田綱紀沢田東江岡島冠山木下順庵後藤艮山菊池半隠

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android