菊池康成(読み)きくち やすなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池康成 きくち-やすなり

?-? 鎌倉時代の武将。
菊池武房の弟。肥後(熊本県)菊池氏の一族。文永11年(1274)の蒙古(もうこ)襲来に際し,筑前(ちくぜん)(福岡県)博多で兄の武房や赤星有隆らとともに蒙古軍の上陸をしりぞけたが,その戦闘で重傷を負ったという。通称は八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android