コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池康成 きくち やすなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池康成 きくち-やすなり

?-? 鎌倉時代の武将。
菊池武房の弟。肥後(熊本県)菊池氏の一族。文永11年(1274)の蒙古(もうこ)襲来に際し,筑前(ちくぜん)(福岡県)博多で兄の武房や赤星有隆らとともに蒙古軍の上陸をしりぞけたが,その戦闘で重傷を負ったという。通称は八郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊池康成の関連キーワード菊池武房鎌倉時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android