コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池武房 きくち たけふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池武房 きくち-たけふさ

1245-1285 鎌倉時代の武将。
寛元3年生まれ。肥後(熊本県)菊池氏惣領(そうりょう)10代。文永,弘安(こうあん)の2度にわたり襲来した蒙古(もうこ)(元)軍と,筑前(ちくぜん)(福岡県)博多(はかた)でたたかった。竹崎季長(すえなが)の戦闘記録「蒙古襲来絵詞(えことば)」に,武房の姿がえがかれている。弘安8年3月26日死去。41歳。通称は次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池武房

没年:弘安8.3.26(1285.5.2)
生年:寛元3(1245)
鎌倉中期,肥後国(熊本県)菊池郡を本貫地とする武士。隆泰の子。母は詫磨能秀の娘。法名恵照。文永の役(1274)には少弐景資の配下として,博多の赤坂付近でモンゴル軍と戦った。弘安の役(1281)では安達盛宗の配下として生の松原付近で戦い,武名を挙げたことが知られ,『蒙古襲来絵詞』には,弘安の役の際,石築地の上に鎧に身を固めて座っている武房の絵が描かれている。<参考文献>阿蘇品保夫『菊池氏一族』

(瀬野精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

菊池武房の関連キーワード菊池康成赤星有隆鎌倉時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android