コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池楯衛 きくち たてえ

2件 の用語解説(菊池楯衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池楯衛 きくち-たてえ

1846-1918 明治-大正時代の果樹園芸家。
弘化(こうか)3年生まれ。もと陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。青森県山林調査係となり,明治8年県ではじめてリンゴなどの西洋果樹の苗を試植する。10年開拓使七重試験場で果樹栽培法をまなんで帰郷。化育社を結成してリンゴの接ぎ木繁殖を研究し,技術の指導,苗木の供給につくした。大正7年4月8日死去。73歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池楯衛

没年:大正7.4.8(1918)
生年:弘化3(1846)
明治期,青森県のりんご栽培における最初の苗木配布者,試植者。明治8(1875)年,内務省勧業寮からりんご等の西洋果樹苗木を受け,試植を開始。のち農事団体の化育社を結成し,接ぎ木繁殖を実施して苗木を供給した。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊池楯衛の関連キーワード宮地厳夫大島久満次河合弘民河崎蘭香喜多長七郎関宗喜谷新助中川新作平田知夫大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone