コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池楯衛 きくち たてえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池楯衛 きくち-たてえ

1846-1918 明治-大正時代の果樹園芸家。
弘化(こうか)3年生まれ。もと陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。青森県山林調査係となり,明治8年県ではじめてリンゴなどの西洋果樹の苗を試植する。10年開拓使七重試験場で果樹栽培法をまなんで帰郷。化育社を結成してリンゴの接ぎ木繁殖を研究し,技術の指導,苗木の供給につくした。大正7年4月8日死去。73歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池楯衛

没年:大正7.4.8(1918)
生年:弘化3(1846)
明治期,青森県のりんご栽培における最初の苗木配布者,試植者。明治8(1875)年,内務省勧業寮からりんご等の西洋果樹苗木を受け,試植を開始。のち農事団体の化育社を結成し,接ぎ木繁殖を実施して苗木を供給した。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

菊池楯衛の関連キーワード菊池秋雄外崎嘉七大正時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊池楯衛の関連情報