コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山木派 やまきは

2件 の用語解説(山木派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山木派
やまきは

山田流箏曲の芸系の一派。山田検校門下の山木検校の名を継ぐ各代と,その門下中独立したものを含めて数家の家元がある。2世山木検校,1世山木千賀らが著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまきは【山木派】

箏曲の流派および芸系。山田流の一派。山木姓の家元を中心とする派をいう。 初世山木(?‐1820(文政3))は,都名(いちな)を松州一といい,木村勾当(こうとう)を経て,1800年(寛政12),山田検校の師の寺家村脇一検校を師として検校となった。段物の演奏では,山田検校より上であったという逸話(《甲子夜話》)もある。門下に,2世山木のほか,吉田蓮台一検校,木村千代一検校(本来は吉田の弟子),玉川萩之一検校らがあり,木村の門から初世越野栄松の先師望田栄貴,玉川の門から,藤植流(ふじえりゆう)胡弓家でもある山室保嘉が出た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone