菊紋(読み)きくもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊紋
きくもん

菊花や菊花葉をかたどった紋章。菊は古代中国で,観賞に供するほか,延命長寿の薬とされ,特に重陽の節句に菊酒を飲むなど,百花のうち最も精気のある花とされた。この思想が日本に伝来し,平安時代に好まれて,朝廷でその文様が衣服や輿車 (よしゃ) ,刀剣懐紙などに用いられ,天皇家の紋章として今日にいたっている。また菊の文様は前 3000年のバビロニアの遺物にあり,古代インドの仏教遺物,朝鮮,高麗時代の陶磁器や漆器にもよく用いられた。菊と他の文様とで構成した菊桐文,菊唐草文,菊水文,菊籬 (まがき) 文,菊に雪輪文などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊紋の関連情報