コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊紋 きくもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊紋
きくもん

菊花や菊花葉をかたどった紋章。菊は古代中国で,観賞に供するほか,延命長寿の薬とされ,特に重陽の節句に菊酒を飲むなど,百花のうち最も精気のある花とされた。この思想が日本に伝来し,平安時代に好まれて,朝廷でその文様が衣服や輿車 (よしゃ) ,刀剣懐紙などに用いられ,天皇家の紋章として今日にいたっている。また菊の文様は前 3000年のバビロニアの遺物にあり,古代インドの仏教遺物,朝鮮,高麗時代の陶磁器や漆器にもよく用いられた。菊と他の文様とで構成した菊桐文,菊唐草文,菊水文,菊籬 (まがき) 文,菊に雪輪文などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

菊紋の関連キーワード国次(2)(2代)国次(2)(3代)正俊(初代)金道(2代)三つ割り菊キクメイシ高台寺蒔絵井上真改菊花石菊模様菊花賜杯栄典国清真改

菊紋の関連情報