コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菜種の里

デジタル大辞泉プラスの解説

菜種の里

島根県松江市、三英堂が製造・販売する銘菓餅米を製粉した寒梅粉原料にした落雁

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菜種の里
なたねのさと

山川と並び称される島根県松江市の名菓。明治維新後はとだえていたが、1929年(昭和4)に三英堂の岡栄三郎が仕法を譲り受け復活させた。白雪(はくせっこう)を用いた打菓子で軟落雁(らくがん)の一種。この菓子の創作は文化(ぶんか)年間(1804~1818)で、松江藩菓子司の面高(おもだか)屋船越道順の手になる。道順は江戸・品川の伊勢屋越後大掾(いせやえちごだいじょう)について山川の製法を学んだが、帰国後に松平不昧(ふまい)公のお供で菅田庵(かんでんあん)に赴く途中、菜の花畑に蝶(ちょう)の舞う光景に想を得て、菜種の里をつくった。鮮やかな黄色の打ち物に煎(い)り玄米の蝶が舞う姿である。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

菜種の里の関連キーワード郷土菓子打菓子白雪糕史生

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android