コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅田庵 かんでんあん

3件 の用語解説(菅田庵の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

菅田庵【かんでんあん】

松江市菅田町の有沢家の山荘にある茶室。〈すがたあん〉とも読む。1790年ころ松平不昧(ふまい)の指図(さしず)によって造られたもので,一畳台目中板で炉は隅切り。
→関連項目松江[市]

菅田庵【すがたあん】

菅田庵(かんでんあん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

国指定史跡ガイドの解説

かんでんあん【菅田庵】


島根県松江市菅田町にある茶室。旧松江藩家老、有沢家の山荘に建つ茶室である。1792年(寛政4)ころに、茶人・文化人として知られる7代藩主松平治郷(はるさと)(不昧(ふまい))の指示で、茅葺き入り母屋造りの菅田庵と、蒸し風呂式の御風呂屋(おふろや)が建てられた。菅田庵に隣接した向月(こうげつ)亭と庭は、治郷の弟で当代一流の風流人と称された衍親(のぶちか)(雪川(せっせん))の設計による。これら3棟などを含めて、一般に菅田庵と呼ばれている。各建物や草木、飛び石などの配置、御風呂屋に待合を兼ねさせる構想など、茶道をきわめた不昧ならではの風雅な趣のある名席となっている。また、南東に開けた立地で、大橋川から大山(だいせん)まで一望できる。1928年(昭和3)に国の史跡および名勝に指定された。また、3棟は国の重要文化財にも指定されている。JR山陰本線松江駅から市営バス「菅田菴入口」下車、徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の菅田庵の言及

【茶室】より

…飛濤亭(同前)は光格天皇遺愛の席と伝え,江戸時代末期の貴族の好みの茶屋の実例で,わびの手法が遊びの意匠に利用されている。菅田庵(かんでんあん)(松江市,菅田庵)は松平不昧の好みになり,通例の構えにこだわらない自由な構えが創造されている。その他のおもな遺構に憶昔席(いくじやくのせき)(京都市,重要文化財),稲荷大社御茶屋(京都市,重要文化財),玉林院霞床席(かすみどこのせき)・南明庵(京都市,重要文化財),高台寺傘亭(かさてい∥からかさてい)・時雨亭(しぐれてい)(京都市,重要文化財),聚光院閑隠席・桝床席(ますどこのせき)(京都市,重要文化財),裏千家寒雲亭・咄々斎(とつとつさい)・抛筌斎(ほうせんさい)・無色軒(むしきけん)(京都市,重要文化財),有沢山荘向月亭(こうげつてい)(松江市,重要文化財),南禅寺金地院八窓席(はつそうのせき)(京都市,重要文化財),水無瀬神宮灯心亭(大阪府,重要文化財),孤篷庵山雲床(さんうんじよう)・直入軒(じきにゆうけん)(京都市,重要文化財),曼殊院八窓席(京都市,重要文化財),慈光院茶室(大和郡山市,重要文化財),三渓園春草廬(しゆんそうろ)・聴秋閣(横浜市,重要文化財),西芳寺湘南亭(京都市,重要文化財),成巽閣(せいそんかく)清香軒(金沢市,重要文化財)などがある。…

※「菅田庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菅田庵の関連キーワード島根県松江市北田町島根県松江市黒田町島根県松江市栄町島根県松江市菅田町島根県松江市津田町島根県松江市殿町島根県松江市浜佐田町島根県松江市東津田町島根県松江市南田町島根県松江市矢田町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone