菜種油かす(読み)なたねあぶらかす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菜種油かす
なたねあぶらかす

油菜の種子を炒って,蒸発圧搾するか,溶剤で油を浸出した残滓肥料となる。成分に窒素 6.0~4.5%,リン酸 2.6~2.0%,カリウム 1.0%を含む。黄褐色茶褐色。適用作物は野菜やたばこ。遅効性肥料で,多く元肥として施肥される。施肥の際は間土や覆土をするか,堆肥や土壌とよく混合し,一時に多量の施肥をしてはならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android