コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油菜 アブラナ

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐な【油菜】

アブラナ科の越年草。高さ約1メートル。葉は裏面が白みを帯びる。春、花びら4枚が十字形に並ぶ黄色の花が総状に咲く。実は細長いさやで、中に黒褐色の小粒の種子があり、これから菜種油をとる。中国から渡来したとみられ、古くから栽培されたが、現在、採油用に栽培されるのはセイヨウアブラナという品種。アブラナ科双子葉植物は約3200種が北半球温帯から寒帯にかけて分布。ダイコンキャベツカブなども含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あぶらな【油菜】

アブラナ科の越年草。古く中国大陸から渡来し、油料作物・野菜などとして広く栽培される。高さ約1メートル。花は「菜の花」と呼ばれ、春、茎頂に黄色の十字状花を総状につける。果実は細長いさや状で、種子から菜種油なたねあぶらをしぼる。しぼりかすは肥料となる。ナタネナ。蕓薹うんだい。 〔現在、油をとるため日本で栽培するものはセイヨウアブラナと呼ぶ品種〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

油菜 (アブラナ)

学名:Brassica campestris
植物。アブラナ科の越年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

油菜の関連キーワードシャンハイ(上海)直轄市チンゲンサイ菜種油かすキャノーラ大蔵永常タアサイ緑肥作物小松菜小松川撮菜五辛冬菜鶯菜

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

油菜の関連情報