油菜(読み)あぶらな

精選版 日本国語大辞典「油菜」の解説

あぶら‐な【油菜】

〘名〙 アブラナ科の一、二年草。西アジア原産といわれ、中国を経て渡来し、種子から菜種油を採るため広く各地で栽培された。高さ約一メートル。根ぎわの葉は大きく、長さ四〇~六〇センチメートルの倒卵形。春、枝先に黄色い四弁の花が開く。実は細長いさやとなり、中に粒状の種子が並ぶ。熟すと、種子は黒褐色となり、さやは裂ける。若苗、つぼみは食用となる。なたね。なのはな。あつち。うんだい。《季・春》
※多聞院日記‐天正二〇年(1592)四月二七日「さうめん・はうはん・菜〈はゐ ゐり こふ あふらな〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「油菜」の解説

あぶら‐な【油菜】

アブラナ科の越年草。高さ約1メートル。葉は裏面が白みを帯びる。春、花びら4枚が十字形に並ぶ黄色の花が総状に咲く。実は細長いさやで、中に黒褐色の小粒の種子があり、これから菜種油をとる。中国から渡来したとみられ、古くから栽培されたが、現在、採油用に栽培されるのはセイヨウアブラナという品種。アブラナ科の双子葉植物は約3200種が北半球の温帯から寒帯にかけて分布ダイコンキャベツカブなども含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android