菱面体晶系(読み)りょうめんたいしょうけい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菱面体晶系
りょうめんたいしょうけい
rhombohedral system

結晶系の一つ。格子定数にabcαβγ≠90゜の関係があり、単位格子のつくる平行六面体の1本の体対角線が3回軸となる最低の対称要素をもつ。ブラベ格子としては単純格子となり、記号Rが与えられるが、三方晶系の格子に変換できるため、結晶系の分類に際しては三方晶系として扱われることが多い。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android