コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三方晶系 さんぽうしょうけいtrigonal system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三方晶系
さんぽうしょうけい
trigonal system

結晶系の1つ。六方晶系に含められることがある。菱面体晶系とも呼ばれる。結晶軸の1つ ( c 軸) が3回の回転軸または回反軸であり,他の2つの結晶軸は c 軸に垂直で互いに 120゜の角をなす。軸比は abc ,軸角はα=β=90゜,γ=120゜で,六方晶系に等しく,同じように扱われる。また菱面体の形に結晶軸を選ぶこともあり,abc ,α=β=γ≠90° である。α水晶,方解石,ルビー,ビスマスなどがこれに属する。屈折率,熱膨張などの物理的性質は c 軸に平行か垂直かによって異なり,単軸結晶である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぼう‐しょうけい〔サンバウシヤウケイ〕【三方晶系】

結晶系の一。長さの等しい3本の対称軸が互いに120度で交わり、その交点に1本の垂直な軸が交わる結晶軸をもつもの。電気石方解石などにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぼうしょうけい【三方晶系】

結晶系の一。回転に対して三回の対称の位置をもつ回転軸を主軸とし、これに直交する平面上に120度で交わる三つの等しい長さの軸をもつ結晶。六方晶系に含めることもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三方晶系
さんぽうしょうけい
trigonal system

晶系の一つ。三方(さんぼう)晶系ともいう。一平面内で120度で交わる三つの等しい長さの軸と、これらのつくる平面に直交する異なった長さの軸を軸配置としてもつことは六方晶系と同じである。しかし、平面に直交する軸が3回回転軸あるいは3回回反軸であることが、六方晶系と異なる。格子定数にはabcαβ=90゜,γ=120゜の関係が成立する。別にabcαβγ=90゜の関係が成立する菱面体(りょうめんたい)晶系の単位格子をとることもできる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三方晶系の関連キーワードリン酸ナトリウム(燐酸ナトリウム)ヨウ化カドミウム型構造リョウ沸石(菱沸石)塩化カドミウム型構造リョウ(菱)苦土石水酸化マグネシウムリョウ(菱)鉄鉱炭化タングステン酸化アルミニウムゲーキーライト臭素酸カリウム硝酸ナトリウム硝酸カリウムアンケライト菱マンガン鉱ケイ酸亜鉛鉱ドロマイトチタン鉄鉱濃紅銀鉱ビスマス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android