コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩たまげなす

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

萩たまげなす[果菜類]
はぎたまげなす

中国地方、山口県の地域ブランド。
主に萩市・長門市で生産されている。山口県の伝統野菜。長門市田屋地区でつくられたのが始まりといわれる。長さはおよそ30cm、重さは500g以上もあり、普通のなすの3・4本分くらいの大きさがある。皮は薄く、実がしっかりと詰まっている。一時生産が減少したが、萩や長門の農家によってその栽培が復活の兆しをみせている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

萩たまげなすの関連キーワード山口県長門市中国地方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android