コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原禎助 はぎわら ていすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原禎助 はぎわら-ていすけ

1828-1909 幕末-明治時代の和算家。
文政11年生まれ。斎藤宜義(ぎぎ)に入門し,円理豁術(かつじゅつ)をおさめた。明治11年群馬師範教師,17年から東京大学で和算書の調査をおこなった。明治42年11月28日死去。82歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は信芳。字(あざな)は徳卿。号は湖山。著作に「算法方円鑑」「算法円理私論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

萩原禎助の関連キーワード和算家

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android