コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萱野考澗 かやの こうかん

1件 の用語解説(萱野考澗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萱野考澗 かやの-こうかん

1675-1761 江戸時代中期の武士。
延宝3年生まれ。肥後熊本藩士。荻生徂徠(おぎゅう-そらい),梁田蛻巌(やなだ-ぜいがん)らとまじわる。親兵中士をへて鉄炮(てっぽう)五十挺頭にすすむ。のち大坂留守居役となり,大坂藩邸で蔵米の売買の任にあたった。宝暦5年(1755)菁莪館をひらいて子弟を教育した。宝暦11年3月4日死去。87歳。名は儀章。字(あざな)は可貞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

萱野考澗の関連キーワード雲楽山人佐藤秀周佐野政親嶋正祥関立志滝信彦東為坊土岐頼香曲淵景衡武士八十氏

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone