落手(読み)らくしゅ

精選版 日本国語大辞典「落手」の解説

らく‐しゅ【落手】

〘名〙
① (━する) 手紙、物などを受けとること。に入れること。落掌
※小春宛芭蕉書簡‐元祿三年(1690)六月二〇日「何処持参之芳翰手、御無事之旨珍重に存候
囲碁将棋で、悪いさし手。悪手。ぽか。
※第3ブラリひょうたん(1951)〈高田保〉息抜き「電力の問題をポ政令で片づけたことは、何としても政府の落手だったろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「落手」の解説

らく‐しゅ【落手】

[名](スル)
手紙・品物などを受け取ること。手に入れること。落掌。「お手紙落手しました」
囲碁・将棋で、悪い手。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android