悪手(読み)あくしゅ

精選版 日本国語大辞典「悪手」の解説

あく‐しゅ【悪手】

〘名〙
① 悪辣(あくらつ)手段
人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)三「一回(ひとたび)(アクシュ)(とら)はるれども、又計らざる助けあり」
囲碁将棋などで、その場面で打つべきでないまずい手。その性質・程度によって、落手緩手、疑問手などとも呼ぶ。

あし‐で【悪手】

〘名〙 (「あしで(葦手)」のもじり) 悪筆。下手な書。
壒嚢鈔(1445‐46)三「筆もつひゆがみて物のかかるるは難波の悪手(アシテ)なるらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悪手」の解説

あく‐しゅ【悪手】

囲碁・将棋などで、その場面で打つべきでないまずい手。「悪手を打つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android