コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落選展 らくせんてん Salon des Refusés

1件 の用語解説(落選展の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落選展
らくせんてん
Salon des Refusés

サロン・デ・ルフュゼ。 1863年にパリで開催された美術展。官展に落選した作品を集めて,その会場と隣合せに開催された。官展の審査が偏傾しているという前衛的芸術家たちの主張にこたえて,ナポレオン3世により企画された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の落選展の言及

【サロン】より

…これに対する巻返しも激しく,二月革命(1848)後のサロンは無審査とし,翌年から革命側に好意的な人々を審査員に選ぶなどしたが,ナポレオン3世の政権獲得とともに再び保守的傾向に戻った。1863年のサロンは5000点の応募に対し3000点を落選させるという厳しいものであった(前回は4000点入選)ため,ナポレオン3世の助言で落選展Salon des refusés(マネ,ピサロ,ファンタン・ラトゥールらが出品)が行われ,結果としてサロン批判の声を高めることとなった。74年にはサロン入選を果たせない若い世代が印象派展を企画し,81年にはフランス芸術家協会Société des artistes français,84年にはアンデパンダン展Salon de la Société des artistes indépendantsなど,次々に独立分派活動が発足した。…

【美術展覧会】より

…ここでは出品はアカデミー会員(または準会員)の特権となっていたが,フランス革命の直後J.L.ダビッドの提案でこの特権は廃止されることになった。1863年には,サロン落選者のための落選展Salon des refusésが開かれた。その後,この公的機関によるサロンに反対して84年にアンデパンダン展Salon de la Société des artistes indépendantsが組織されたのを初めとして,サロン・ドートンヌSalon d’automne(1903),サロン・デ・チュイルリーSalon des Tuilerie(1923)などがそれぞれの美学上の主張を掲げて組織されている。…

※「落選展」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

落選展の関連キーワードサロンエプロンサロンデルフュゼサロンドートンヌサロンドメサロンカーサロンスカートサロンデッキネイルサロンピンクサロンミュゼ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone