草上の昼食(読み)そうじょうのちゅうしょく(英語表記)Le Déjeuner sur l'herbe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草上の昼食
そうじょうのちゅうしょく
Le Déjeuner sur l'herbe

フランスの画家 É.マネの作品名。パリのオルセー美術館蔵。草上にすわって昼食をとる水浴後の裸婦と2人の着衣の男性を描いた図。 1863年マネはこの作品を『水浴』と題してサロンに出品したが,ほかの2点の出品作とともに落選。同年の落選展に出品され,主題が不道徳であるとして,近代絵画史上まれなほど物議をかもした。人物のポーズ,配置はラファエロの作品をもとにした M.ライモンディの版画『パリスの審判』 (1525~30頃) からかり,全体の構想をジョルジョーネの『田園の奏楽』 (10頃) から得て制作した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

草上の昼食

フランスの画家エドゥアール・マネの絵画(1863)。原題《Le déjeuner sur l'herbe》。現実の裸体の女性と着衣の男性を、古典的な群像表現として描いたことが不道徳とされ、スキャンダルを引き起こした。『オランピア』と並ぶマネの代表作の一つ。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草上の昼食の関連情報