コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草上の昼食 そうじょうのちゅうしょくLe Déjeuner sur l'herbe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草上の昼食
そうじょうのちゅうしょく
Le Déjeuner sur l'herbe

フランスの画家 É.マネの作品名。パリのオルセー美術館蔵。草上にすわって昼食をとる水浴後の裸婦と2人の着衣の男性を描いた図。 1863年マネはこの作品を『水浴』と題してサロンに出品したが,ほかの2点の出品作とともに落選。同年の落選展に出品され,主題が不道徳であるとして,近代絵画史上まれなほど物議をかもした。人物のポーズ,配置はラファエロの作品をもとにした M.ライモンディの版画『パリスの審判』 (1525~30頃) からかり,全体の構想をジョルジョーネの『田園の奏楽』 (10頃) から得て制作した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

草上の昼食

フランスの画家エドゥアール・マネの絵画(1863)。原題《Le déjeuner sur l'herbe》。現実の裸体の女性と着衣の男性を、古典的な群像表現として描いたことが不道徳とされ、スキャンダルを引き起こした。『オランピア』と並ぶマネの代表作の一つ。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

草上の昼食の関連キーワードアラン ジャケ印象主義ピカソモネ神様

草上の昼食の関連情報