コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉腐病(ノシバ)

飼料作物病害図鑑の解説

葉腐病(ノシバ)

日本シバで最も被害の大きい糸状菌病。初めは春先にぼんやりと枯れる程度だが、気温の上昇と共に病斑が一気に出現する。病斑は灰白色不定形で、直径は 2-3mにも達する。手当が遅れると再生不能になり、パッチが夏まで残る。病原菌はリゾクトニアだが、ある種の病原性の強いピシウム菌との混合感染によって、病勢が大幅に強まることがわかっている。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

葉腐病(ノシバ)の関連キーワード紋枯病(パールミレット・ネピアグラス)紋枯病(オオクサキビ)紋枯病(トウモロコシ)紋枯病(シコクビエ)紋枯病(飼料イネ)ブラウンパッチモニリア病くもの巣病黒あざ病葉腐病紋枯病