パッチ

精選版 日本国語大辞典「パッチ」の解説

パッチ

〘名〙 (ba-ji から)⸨バッチ股引(ももひき)のこと。関西では木綿・絹製ともにいうが、江戸では絹物類のみをいう。→股引。《季・冬》 〔倭語類解(17C後‐18C初)〕
※細雪(1943‐48)〈谷崎潤一郎〉中「大嶋の二枚襲の裾からメリヤスのパッチを覗かせながら」
[語誌]一八世紀頃には日本語として定着していたようで、京坂では、股脚の長い物を「パッチ」といい、旅行用の短い物を「股引」といった。江戸では、宝暦(一七五一‐六四)の頃から流行し始め、木綿製を「股引」、縮緬・絹製を「パッチ」と呼んで区別した。

パッチ

〘名〙 (patch) つぎ。または、つぎをあてるための小切れ。デザインの一部として、の部分に革などをあてることもいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「パッチ」の解説

パッチ

《朝鮮語から》股引(ももひき)の一。江戸では絹製をいい、関西では布地に関係なく丈の長いものをいった。

パッチ(patch)

継ぎ当て用の小さい布。
オペレーティングシステムアプリケーションソフトの不具合などを修正するためのファイル。修正する必要がある部分のプログラムのみを更新する。パッチファイル差分ファイル修正プログラム修正パッチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「パッチ」の解説

パッチ

つぎはぎの当て布の意味。古いファイルを更新するための差分ファイルや修正プログラムのこと。プログラムがバージョンアップするたびに、プログラム全体を配布するのは無駄が大きい。そこで、変更のあった部分だけを抜き出し、パッチとして配布することで、古いファイルを最新の状態に更新できる。プログラムのバグを修正するために、実行形式のファイルを直接書き換えることを「パッチを当てる」という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「パッチ」の解説

パッチ【patch】

ソフトウェアの不具合の修正や小規模な更新をするために用いられる、差分情報のみのプログラム。ソフトウェア全体を入れ替えるのではなく、修正すべき箇所だけを入れ替える。◇「パッチファイル」「パッチプログラム」「修正プログラム」ともいう。コンピューターウイルスクラッキングの攻撃を受けないよう安全性を高めるためのものを特に「セキュリティーパッチ」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本「パッチ」の解説

パッチ

もとは「継ぎ当て」や「絆創膏」という意味で、アプリケーション・ソフトなどのプログラムの一部分を修正すること、あるいは修正を行うプログラムのことを指します。インターネットを通じて配布されることが多いです。
⇨修正プログラム

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ホームページ制作用語集「パッチ」の解説

パッチ

作成したプログラムのデータミスやバグ(誤り、欠陥)を修正するプログラムのことを指す。このために作成されたファイルを「パッチファイル」と呼ぶ。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

知恵蔵「パッチ」の解説

パッチ

修正プログラム」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android