葡萄茶式部(読み)エビチャシキブ

デジタル大辞泉の解説

えびちゃ‐しきぶ【葡萄茶式部】

《えび茶色の袴(はかま)をよく着けたところから》明治30年代の女学生のこと。えび茶袴。紫衛門(むらさきえもん)。
「今に三人が―か鼠式部になって」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えびちゃしきぶ【葡萄茶式部】

〔明治30年代にえび茶色の袴が女学生の間で流行したことから〕
女学生の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android