コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒋廷錫 しょうていしゃくJiang Ting-xi; Chiang T`ing-hsi

1件 の用語解説(蒋廷錫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒋廷錫
しょうていしゃく
Jiang Ting-xi; Chiang T`ing-hsi

[生]康煕8(1669)
[没]雍正10(1732)
中国,清代の学者,画家。江蘇省常熟の人。字は揚孫,酉君。号は西谷,南沙。諡は文粛。康煕 42 (1703) 年の進士。庶吉士から累進して礼部右侍郎,戸部尚書,文華殿大学士となる。『古今図書集成』『大清会典』『聖祖実録』の編集にあたる。また花鳥の写生画を得意とした。著述に『尚書地理今釈』『秋風集』『片雲集』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

蒋廷錫の関連キーワードシャクシャイン石田未得ピカレスク小説悪漢小説朝鮮人遺骨問題石田未得後楽園サンドニ二月堂エトナ[山]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone