コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今図書集成 ここんとしょしゅうせいGu-jin tu-shu ji-cheng; Ku-chin t`u-shu chi-ch`êng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今図書集成
ここんとしょしゅうせい
Gu-jin tu-shu ji-cheng; Ku-chin t`u-shu chi-ch`êng

中国,清代の類書 (現代の百科事典に近いもの) 。1万巻。中国最大の類書。陳夢雷編纂古今の図書から記事を抜き出し,それを事項別に配列したもの。初め康煕帝の命によって陳夢雷が編纂し,名も『彙編 (いへん) 』といったのを,さらに蒋廷錫 (しょうていしゃく) らが命を受けて増訂し,現在の名に改めたもので,雍正3 (1725) 年完成した。暦象,方輿 (よ) ,明倫,博物,理学,経済の6彙編に大別され,それがさらに 32典,6109部に細分され,各部について記事がまとめられている。原本は銅活字本だが,わずか 64部しか刷られておらず,現在利用されている流布本 (光緒 10〈1884〉,上海図書集成局刊) は誤りが多い。また光緒 16 (90) 年に上海同文書局が影印したものは考証がつけられ,流布本よりすぐれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ここんとしょしゅうせい〔ココントシヨシフセイ〕【古今図書集成】

中国清代の百科事典。1万巻。陳夢雷らの編。のち、蒋廷錫(しょうていしゃく)らが増訂。1725年成立。現存する中国最大の類書。欽定(きんてい)古今図書集成。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

古今図書集成【ここんとしょしゅうせい】

中国の古今の図書から抽出し,事項別に編纂(へんさん)した類書。1万巻。清の陳夢雷(ちんぼうらい)〔?-1741〕が勅命を受け編纂。《永楽大典》に準拠し,原題は《彙(い)編》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ここんとしょしゅうせい【古今図書集成 Gǔ jīn tú shū jí chéng】

中国,清初に編纂された中国最大の類書(百科全書)。1万巻。暦象,方輿,明倫,博物,理学,経済の6彙編を32典に,またそれを6109部に分かち,各部を彙考,総論,図表,列伝,芸文,選句,紀事,雑録の諸事項に区分している。1698年(康熙37)に康熙帝の勅命を受けた陳夢雷が纂修館総裁となって,この編纂事業は始まった。以来24年を経てなお刊行に至らぬまま雍正帝の世を迎えたとき,彼は清初の三藩の乱に荷担した罪を問われて黒竜江省に流されたので,あらためて蔣廷錫が勅を奉じて事業を継承し,1725年(雍正3)に完成,翌々年に銅版印刷法を用いて64部を刷った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ここんとしょしゅうせい【古今図書集成】

中国最大の類書。一万巻。清の陳夢雷が康熙帝の勅命で編纂。1725年成立。古今の図書から抜き出した事項を類別配列する。のち清の蔣廷錫しようていしやくらが増訂。欽定古今図書集成。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古今図書集成
ここんとしょしゅうせい

中国最大の百科事典(類書)。1万巻。清(しん)の康煕(こうき)年間(1662~1722)陳夢雷(ちんぼうらい)が勅命によって、中国古今のあらゆる図書から記事を抜き出して、事項別に編纂(へんさん)した。もとの名は『彙編(いへん)』といったが、康煕帝は『欽定(きんてい)古今図書集成』と名を改めた。さらに、蒋廷錫(しょうていしゃく)らが雍正帝(ようせいてい)の命を受け、増訂して1725年12月完成した。内容は、(1)暦象彙編―乾象(けんしょう)典、歳功典、暦法典、庶徴典、(2)方輿(ほうよ)彙編―坤輿(こんよ)典、職方典、山川典、辺裔(へんえい)典など6彙編32典に分けられ、さらに6109部に細分されている。各部はほぼ彙考、総論、図表、列伝、芸文(げいもん)、選句、紀事、雑録、外編に区分して記載してある。本書は非常に膨大なものなので、ある事項をみるうえでは便利であるが、かならず原典にあたる必要がある。雍正版のほか光緒(こうしょ)一〇年(1884)版があり、事項検出には『古今図書集成分類目録』(1912・文部省編)などが便利である。[川越泰博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

古今図書集成の関連キーワード欽定古今図書集成清の時代(年表)皇輿全覧図文淵閣仙人類別

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android