コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙古ひだ もうこひだ

2件 の用語解説(蒙古ひだの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

蒙古ひだ【もうこひだ】

蒙古皺襞(しゅうへき),内眼角贅皮(ぜいひ)とも。内眼角(目がしら)にある皮膚のひだ。上まぶたから鼻側に向かって下行する鎌状のひだで,目がしらの赤い涙丘の一部または全部をおおう。
→関連項目モンゴロイド大人種

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒙古ひだ
もうこひだ

蒙古人(モンゴロイド)に多くみられる内眼角眼瞼縁(がんけんえん)の特徴的なひだをいい、蒙古皺襞(しゅうへき)ともいう。上下の眼瞼縁(まつげが生えている部分)が鼻側で合する部分を内眼角(目頭)とよぶが、この部分は円い陥凹部(涙湖(るいこ))となっている。この涙湖や、涙湖の中の涙丘という高まりが、内眼角のひだで覆われてしまい、外部から見えない状態になるとき、これを蒙古ひだとよぶ。蒙古ひだは、上眼瞼縁の上側をこの眼瞼縁と平行に走る溝(上眼瞼溝(こう))が上眼瞼縁のごく近くを走る場合にできるもので、内眼角に向かって走り、内眼角を覆ってしまう。この場合、内眼角は外見上、鋭くとがる。上眼瞼溝が眼瞼縁からかなり離れて走ると、はっきりとした二重眼瞼(いわゆる二重瞼(ふたえまぶた))になる。日本人の蒙古ひだについては、ベルツE. von Baelz(ドイツの医師、1849―1913)が1876年(明治9)に来日し、最初に観察した。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒙古ひだの関連キーワード関税障壁火口壁収集癖周壁習癖皺襞熊癖 (bearing)蹴癖 (striking)咬癖 (biting)蹴癖マーカー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone