コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルツ ベルツ Bälz, Erwin von

8件 の用語解説(ベルツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルツ
ベルツ
Bälz, Erwin von

[生]1849.1.13. シュワーベン,ビーティヒハイム
[没]1913.8.31. シュツットガルト
ドイツの医師。 17歳でテュービンゲン大学医学部に入り,1870年見習軍医として普仏戦争に従軍,72年ライプチヒ大学を卒業。同大学内科教室の助手,次いで講師となった。 76年6月,東京医学校 (東京大学医学部の前身) の教師として招かれて来日。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベルツ(Erwin von Bälz)

[1849~1913]ドイツの医学者。明治9年(1876)東京医学校(のちの東京大学医学部)教師に迎えられて来日。日本の伝染病・寄生虫病を研究し、公衆衛生の向上や伝染病の予防に貢献した。明治38年(1905)帰国。著「ベルツ日記」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベルツ

ドイツの医学者。ライプチヒ大学卒。1876年来日。1902年まで東大医学部(初め東京医学校)の教師として日本の近代医学の育成に貢献。また当時日本に多かった脚気(かっけ),(らい)(ハンセン病),ツツガムシ病肝臓ジストマなどの研究,温泉療法の普及などの業績をあげた。
→関連項目ベルツ水

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ベルツ Bälz, Erwin von

1849-1913 ドイツの医学者。
1849年1月13日生まれ。ベルツ花の夫。明治9年(1876)東京医学校の教師として来日し,生理学,内科学,病理学などをおしえた。ツツガムシ病,脚気(かっけ),日本人の身体的特徴などを研究し,温泉の効用も紹介した。宮内省御用掛。38年帰国。「ベルツの日記」をのこした。1913年8月31日死去。64歳。ビーティヒハイム出身。ライプチヒ大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ベルツ

没年:1913.8.31(1913.8.31)
生年:1849.1.13
明治期に来日したお雇い外国人教師,内科医。東京医学校,東大医学部,帝大医科大学の指導者として,また最後は宮内庁御用掛として日本の医学教育,医療の西洋化に大きな影響を与えた。ドイツのシュワーベン地方の田舎町ビーチッヒハイムに生まれ,シュツットガルトの高校を出て,1866年にチュービンゲン大学医学部に入学。ここで基礎医学まで学び,次いでライプチヒ大学で臨床医学を学ぶ。この間,普仏戦争のために兵役に従事。一時学業を中断したのち,復学して1872年に卒業。ウンデルリッヒ(体温計を臨床的に使い始めた人)の内科学教室に入る。明治9(1876)年,ベルリンで駐独日本公使青木周蔵と生理学兼内科学のお雇い教師になることを契約(2カ年)。同年6月に東京医学校に着任。本郷の金沢(加賀)藩邸跡のお雇い外国人教師館に住む。同11年契約満期に日本側の懇請で契約をさらに3年延期。それからのちも契約更新を再三行ったが,明治30年代になると,日本人教授がベルツを疎外するようになったために帰国を決意して,同34年に行われた在職25年記念の翌年退官した。 在日中に研究面では日本の寄生虫学,温泉療法をはじめとする物理療法,形質人類学,精神医学の分野を開き,柔道など古来の武道を奨励して健康増進をはかることを進め,伊香保,葉山には自分の別荘を作り,草津の温泉を含めて転地療法を推奨した。交友関係は高位高官,在日外国人など広く,とりわけ伊藤博文と深い親交があり,外交面の助言も行った。同38年に帰国後,シュツットガルトに住み,人類学界で活躍。動脈瘤で死去。夫人花はベルツの没後に日本に帰国して,昭和12(1937)年に日本で死去し,愛知県豊川市西明寺に葬られる。同寺には花が同5年に建てたベルツの供養塔がある。ベルツ顕彰碑は東大講内,葉山,草津,伊香保にあるが,明治40年に東大に建てられたもの以外は,すべてベルツの没後に建てられたものである。<著作>『ベルツの日記』

(酒井シヅ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベルツ【Erwin von Bälz】

1849‐1913
明治期に来日したドイツ人医師で,医学界を中心に大きな影響を与えた。シュワーベン地方のビーティヒハイムに生まれ,チュービンゲンライプツィヒ大学で医学を修め,ライプツィヒブンダーリヒ内科に就く。1876年に東京医学校(東京大学医学部の前身)に招かれ,内科学,生理学,病理学,産婦人科学,精神病学などを講じ,診療に従事した。外科のJ.スクリバとともに日本の医学教育に大きな役割を果たす。当時日本に多かった脚気,恙虫(つつがむし)病などの研究のほか,人類学的研究《日本人の身体的特徴について》,温泉の医学的研究なども行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベルツ【Erwin von Bälz】

1849~1913) ドイツの医学者。1876年(明治9)東京医学校教師として来日、教育・診療のほか、公衆衛生・伝染病予防に尽くし、日本の医学発展に貢献した。1905年帰国。著「ベルツの日記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルツ
べるつ
Erwin von Blz
(1849―1913)

ドイツの医学者。東京帝国大学医学部に26年間にわたって在任、単に内科学教師にとどまらず、宮中、貴顕にも信任厚く、日本の学術文化のよき理解者であり、指導者、助言者であった。1849年南ドイツのビーティヒハイムに生まれ、1866年チュービンゲン大学で医学を修め、ライプツィヒ大学で臨床を学んだ。この間見習軍医としてプロイセンフランス戦争に参加、復学後1872年ドクトルとなり、1876年内科学教授ウンダーリヒの下で講師となった。ここで日本赴任の交渉を受け、2年間の予定で1876年(明治9)横浜に到着した。
 ベルツの日本における最大の貢献は、単なる医療技術の伝達者としてではなく、ドイツの大学の特徴である「研究」の方法論を帝国大学に伝え、当時の日本に多発していた寄生虫病、急性・慢性伝染病、脚気(かっけ)などの本体究明に手をつけたことであった。その意味でベルツは、ヨーロッパが生み出した近代科学の思想と方法を日本に体系的に伝えた最初の外国人であった。1888年、ベルツは日本人荒井花子(1864―1937)と結婚、1男1女をもうけた。1905年(明治38)、日露戦争での日本の勝利が確定的となり、自ら指導した日本医学近代化の成果を目前にしつつ帰国したベルツは、その後も「日本人ベルツ」とあだ名されるほどの知日家として執筆や講演に活躍し、貴族に列せられたが、1913年大動脈瘤(りゅう)のため64歳で死去した。[神谷昭典]
『トク・ベルツ編、菅沼竜太郎訳『ベルツの日記』上下(岩波文庫) ▽鹿島卯女著『ベルツ花』(1972・鹿島研究所出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベルツの言及

【医学】より

…その後,この2人の軍医のほかに医学者や科学者がつぎつぎと来日して教壇に立ち,一方,この学校で学んだ卒業生のうち,教授候補に選ばれたものはつぎつぎとドイツへ国費留学させられ,帰国して,ドイツ人の先任者と交代した。1900年最後のドイツ人教師E.vonベルツが退任,入沢達吉が後をついだ時点で,全員が日本人教授によることになった。中央でのこのような動きに呼応して,地方でも,旧藩時代の医学教育施設を接収,外国人教師を雇って拡充に努めるところもあり,また,とくに地方住民の医療要求にこたえるために,国公立病院の設置も盛んで,1877年ころには,病院のない府県はほとんどなくなり,さらに増加していった。…

【岩倉具視】より

…国葬,翌年正一位を追贈された。岩倉の病状をみとったドイツ人ベルツは,岩倉を評して〈全身ただこれ鉄の意志〉と述べた。この〈鉄の意志〉は,幕末以来岩倉がつねにクーデタないし政変の推進者または協力者であったことに示されており,それはまた彼が権謀術数の政治家であったことを物語っている。…

【顔】より

… 顔の色調と性格については〈赤い顔には心を明かし,茶色い顔には茶をすすめ,青白い顔にはナイフをかざし,黒い顔からワイフを隠せ〉というし,また〈赤い顔は賢く,日焼け顔には信用がおけるが,青白い顔は嫉妬深く,黒けりゃ強健〉ともいう。 ベルツは日本人の体型を3種族に分け,在日本満韓種族は上流社会に多くみられてその顔は長くて頰骨はあまり秀でず,広く平らな顔で頰骨のそびえた在日本固有蒙古種族は下流社会によくみられ,在日本マレー人種が日本では優勢で,顔は円いか角立って頰骨が出ているといった(《日本人の体格》)。長州型と薩摩型という語も彼に由来する。…

【精神医学】より

…こうして築かれた江戸期の精神医学も,明治時代に入ると,ほかの漢方系医学と同じく急速に衰退し,西欧系の精神医学が代わって採用される。その最初の紹介が神戸文哉(かんべぶんさい)によるJ.R.レーノルズ編《内科学全書》(1872)中のH.モーズリー著〈精神病〉の章の訳出で,1876年に《精神病約説》を表題として刊行され,また,3年後には最初の精神医学の講義が御雇外国人の内科教師E.vonベルツにより現在の東大医学部で行われた。 ちなみに,日本では明治以後〈精神病学〉という用語が長く使われ,〈精神医学〉がそれに代わったのは第2次大戦以後のことで,後者は時の東大教授内村祐之の訳語といわれる。…

【恙虫病】より

…【金沢 知博】
【疾病史】
 秋田,山形,新潟3県の日本海にそそぐ雄物川,最上川,阿賀野川,信濃川の中・下流地帯では,昔から夏になると,川沿いの草原に入った農民や旅人の間に,突然高熱を発し,体中に赤い発疹が現れ,譫妄(せんもう)状態になり,10人に4~5人は14~15日から20日のうちに死んでいくふしぎな熱病があったが,これが恙虫病であった。ベルツは〈日本洪水熱〉と名づけたが,ツツガムシと呼ばれるダニの幼虫が媒介することは,1899年に秋田の医師田中敬助によって確かめられ,その病原体がリケッチアであることは昭和に入って発見された。山形県南部の最上川中流には,江戸時代から〈病河原〉と呼ばれた河原があり,ケダニといわれた毒虫の病毒で命を失う者が多かったが,これも恙虫病であった。…

【鼻】より

…ただし,〈なか高き顔して,色のあはひ白きなど,人にすぐれた〉(《紫式部日記》)貴族もいたし,武将や将軍の肖像画を信じれば,鼻筋の高く通った人々もいたのである。明治期に東大で医学を教えたE.vonベルツは当時の日本人の鼻を3種に分類している。第1は〈曲りて高き鼻,……此種族は元朝鮮より来り,日本の西北海岸に位する出雲国を分布の中心〉として〈日本に於ては特に之を上流社会に見るを得べし〉,第2は〈稍々平たき鼻,……該型は日本にては余り普通にあらざれども,間々之を下流社会に見ることあり〉,第3は〈日本に於て優勢なる分子〉で,〈鼻は低く,……此種族は何時しか南方より来り,最初は九州に勢力を占め,其処より黒潮と称せらる,北向の暖潮流に乗じて更に本州に向ひし〉という(《日本人の体格》)。…

※「ベルツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベルツの関連キーワードアビーフォックスクリバマイヨヘイトブラウンスウェルニヒゴッチェジュウェットショイベ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルツの関連情報