コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナブタ

デジタル大辞泉の解説

ま‐な‐ぶた【×瞼】

《「目(ま)の蓋(ふた)」の意》まぶた。
「波羅門の作れる小田を食(は)む烏(からす)―腫れて幡桙(はたほこ)に居り」〈・三八五六〉

ま‐ぶた【×瞼/目蓋】

《目のふたの意》眼球をおおって開いたり閉じたりする皮膚。眼瞼(がんけん)。まなぶた。まぶち。「―が重くなる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まなぶた【瞼】

〔目の蓋ふた、の意〕
まぶた。 「 -は黒くて、鼻あざやかに高くて、色少し赤かりけり/今昔 28

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


まぶた

眼瞼(がんけん)ともいう。眼球の前面を覆い、上眼瞼(ウワマブタ)と下眼瞼(シタマブタ)とに分かれる。前面は皮膚、後面は眼瞼結膜で、その間に瞼を動かす筋肉(上眼瞼挙筋と眼輪筋)と、眼輪筋の後方に瞼板という緻密(ちみつ)な結合組織があって、瞼の形を整えている。瞼板の中には瞼板腺(けんばんせん)(マイボーム腺)とよぶ脂腺がある。麦粒腫(ばくりゅうしゅ)(ものもらい)はこの瞼板腺の炎症である。眼瞼は眼球を保護するとともに、まばたきをすることによって涙(涙液(るいえき))で眼球の表面を清浄にしたり、角膜を湿潤・透明に保つ働きをする。瞼の縁(ふち)からは睫毛(しょうもう)(まつげ)が上下に並列して生えているが、これもやはり、眼球を保護する役目をもっている。上眼瞼の前面にある溝(上眼瞼溝)の深いときは二重眼瞼(にじゅうがんけん)(二重瞼(ふたえまぶた))といい、溝のないときは一重眼瞼(いちじゅうがんけん)(一重瞼(ひとえまぶた))という。日本人には一重眼瞼がやや多いが、これには遺伝も関係する。眼瞼はおもに両生類以上の脊椎(せきつい)動物にみられるが、爬虫(はちゅう)類や鳥類の瞬膜(角膜と瞼の間にある薄膜)も同様の役目をもっている。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

瞼の関連キーワードヴェストファール‐ピルツ現象(臨床医学)ヴェストファール現象(臨床医学)ピルツ‐ヴェストファール現象アーガイル・ロバートソン瞳孔二重まぶた(二重瞼)ヘルマン スネレンガラッシ瞳孔現象マイボーム腺まぶた(瞼)眼輪筋現象結膜弛緩症ものもらい二重まぶた後藤尚子眼瞼下垂長谷川伸瞳孔反射瞼の襞物貰い二重瞼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瞼の関連情報