コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙古相撲 もうこずもう

大辞林 第三版の解説

もうこずもう【蒙古相撲】

モンゴルで行われている相撲。ジドックという競技用の服をつけ、膝から上が地につけば負けとなる。土俵はない。パリルドホ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒙古相撲
もうこずもう

モンゴル・内モンゴルを問わずモンゴル人の間で広く行われている相撲で、ブフ、またはパリルドホという。13世紀のチンギス・ハン時代すでに広く普及し、大は国家的祭典から小は集落の祭りに至るまで、日本の相撲のようにかならず大会が催される。各集落から代表選手が出て、集落対抗の団体と個人の優勝戦があり、真剣に争われる。服装は、半長靴(ちょうか)に半ズボンをつけ、裸体の上に真鍮(しんちゅう)飾りをつけた半袖(はんそで)のチョッキを着て、背中に十字の襷(たすき)を掛ける。この独特の相撲着をジドックという。競技方法は、両手をあげて立ち合い、機を見て相手の相撲着の半袖か襟(えり)をつかみ、足を絡ませてひねったり、投げたりするが、組み付いて蹴(け)り合うのが特徴である。行司役には主審が1人いて、競技進行の全権を任される。膝(ひざ)から上が地につけば負けになり、広い草原で行うため、細かい技(わざ)はなく、足取りなど認めない力相撲である。勝負が決まると、勝者は草原を跳ね踊って勝利を誇示する。[池田雅雄]
『ベースボール・マガジン社編・刊『モンゴルのスポーツ』(1978)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蒙古相撲の言及

【モンゴル相撲】より

…モンゴル系の人々が行う伝統的な格闘技。蒙古相撲ともいう。地域により服装やルールの一部に違いが見られ,大きく分けて,(1)中国内モンゴル自治区系,(2)オイラート系,(3)ハルハ系などの流れがある。…

※「蒙古相撲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蒙古相撲の関連キーワードモンゴル相撲

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android