コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足取り あしとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足取り
あしとり

相撲の決まり手の一つ。左 () で相手の右 (左) 膝を外側から抱え,右 (左) 手で同じ足首近くを内側から取って,そのまま持ち上げて倒すか,土俵外へ運び出す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あし‐とり【足取り】

《「あしどり」とも》相撲のきまり手の一。相手の足を両手で抱え上げ、引き倒すか土俵の外へ出す技。一寸反(いっすんぞ)り。
レスリングで、相手の足を取ってマットに倒す技。

あし‐どり【足取り】

歩くときの足の運び方。歩調。「軽い足取り
人の通った道筋。特に、犯罪者の逃げた経路。「足取りを追う」
過去の相場の動きぐあい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしとり【足取り】

相撲の決まり手の一。相手の足を両手でかかえ上げ、倒すか土俵の外へ出す技。

あしどり【足取り】

足の運び方。あしつき。歩調。 「軽やかな-」
犯人の逃げて行った経路。 「 -をたどる」
相場の動向。 「上げ-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

足取りの関連キーワード辻出紀子さん行方不明事件ジュゼッピ ローガン練り足・練足・邌足サイドステップ手取り足取り市場取引用語サビアーネ蒙古相撲覚束無い誕生祝い重重しい辿辿しいえごえごチャート送り三重乱れ足犯罪者罫線表軽やか決り手

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足取りの関連情報