コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足取り あしとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足取り
あしとり

相撲の決まり手の一つ。左 (右) 手で相手の右 (左) 膝を外側から抱え,右 (左) 手で同じ足首近くを内側から取って,そのまま持ち上げて倒すか,土俵外へ運び出す

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あし‐とり【足取り】

《「あしどり」とも》相撲のきまり手の一。相手の足を両手で抱え上げ、引き倒すか土俵の外へ出す技。一寸反(いっすんぞ)り。
レスリングで、相手の足を取ってマットに倒す技。

あし‐どり【足取り】

歩くときの足の運び方。歩調。「軽い足取り
人の通った道筋。特に、犯罪者の逃げた経路。「足取りを追う」
過去の相場の動きぐあい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あしとり【足取り】

相撲の決まり手の一。相手の足を両手でかかえ上げ、倒すか土俵の外へ出す技。

あしどり【足取り】

足の運び方。あしつき。歩調。 「軽やかな-」
犯人の逃げて行った経路。 「 -をたどる」
相場の動向。 「上げ-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足取りの関連情報