主審(読み)シュシン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一つの運動競技で、数人の審判員がいるとき、主となって審判する人。
② 特に野球で、球審。チーフ‐アンパイア。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉両軍いよいよ開戦「三島が主審(シュシン)になり中野が塁審となって試合は開かれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主審の関連情報