主審(読み)シュシン

大辞林 第三版の解説

しゅしん【主審】

競技の審判を行う複数の審判員のうち、中心となる審判員。野球の球審など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐しん【主審】

〘名〙
① 一つの運動競技で、数人の審判員がいるとき、主となって判する人。
② 特に野球で、球審。チーフ‐アンパイア。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉両軍いよいよ開戦「三島が主審(シュシン)になり中野が塁審となって試合は開かれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主審の関連情報