蒲原津(読み)かんばらのつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「蒲原津」の解説

蒲原津
かんばらのつ

新潟市、日本海岸の信濃(しなの)川と阿賀野(あがの)川の合流河口にあった港。『延喜式(えんぎしき)』(927年完成)にもみえる。近くには647年(大化3)蝦夷(えみし)防衛上設置された渟足柵(ぬたりのき)もあった。港は延宝(えんぽう)年間(1673~1681)洪水流失、いまは、信濃川河口右岸に蒲原地名でわずかに昔のおもかげをしのばせるだけである。

[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android