蓄念(読み)ちくねん

精選版 日本国語大辞典「蓄念」の解説

ちく‐ねん【蓄念】

〘名〙 心の中にたくわえていた思い。宿念
※本朝文粋(1060頃)五・為貞信公請致仕〈大江朝綱〉「雖綸旨之難一レ逆、更迷蓄念之不一レ移」 〔班固‐西都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android