蓬が島(読み)ヨモギガシマ

大辞林 第三版の解説

よもぎがしま【蓬が島】

蓬萊山ほうらいさんのこと。 「真にや-に通ふらむ鶴に乗るてふ人に問はばや/堀河百首」 → 蓬萊
日本の異名。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よもぎ【蓬】=が[=の]島(しま)

[一] 蓬莱(ほうらい)の島。蓬莱山。
※類従本堀河百首(1105‐06頃)雑「真にや蓬が嶋に通ふらん鶴に乗るてふ人に問はばや〈永縁〉」
[二] 「にほん(日本)」の異称。
※日葡辞書(1603‐04)「Yomoguiga(ヨモギガ) xima(シマ)。すなわち、ニッポン〈訳〉日本。歌語」
[三] 名古屋市にある熱田神宮の俗称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓬が島の関連情報