コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永縁 ようえん

3件 の用語解説(永縁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永縁 ようえん

1048-1125 平安時代後期の僧。
永承3年生まれ。母は大江公資(おおえの-きんより)の娘。法相(ほっそう)宗。興福寺の頼信(らいしん)に師事。維摩会(ゆいまえ),宮中の最勝会(さいしょうえ)の講師をつとめ,以後元興寺,大安寺,法隆寺などの別当をへて,保安(ほうあん)2年興福寺別当,天治(てんじ)元年権僧正。和歌にたくみで「金葉和歌集」などに詠歌がある。天治2年4月5日死去。78歳。俗姓は藤原。通称は初音(はつねの)僧正。「えいえん」ともよむ。
【格言など】聞くたびにめづらしければ郭公(ほととぎす)いつも初音の心地こそすれ(「金葉和歌集」)

永縁 えいえん

ようえん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永縁

没年:天治2.4.5(1125.5.9)
生年:永承3(1048)
平安後期の法相宗の学僧。「えいえん」ともいう。別称初音僧正。歌をよく詠み『金葉和歌集』に13首収録されている。父は藤原永相。9歳で父を亡くしたのち,奈良に赴き興福寺一乗院頼信に師事した。応徳2(1085)年,母の期待に応え維摩会講師を勤めるに至った。以後,元興寺,大安寺,法華寺,清水寺,興福寺などの別当を勤める。その間,権律師,権少僧都,権大僧都などを歴任し,保安5(1124)年には権僧正に転じた。維摩会以外にも法華八講,最勝会などの講師,永久6(1118)年には最勝寺の供養導師を勤めた。晩年は興福寺別院の花林院に住した。

(追塩千尋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永縁の関連キーワード寛雅法空円憲戒深覚範君仁親王行恵行智(1)信慧日覚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永縁の関連情報