コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓬左 ホウサ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐さ【蓬左】

熱田神宮を蓬莱(ほうらい)宮と称したところから、それに向かって左、すなわち北の一帯。熱田から名古屋城のある辺りにかけての地域をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうさ【蓬左】

〔熱田神宮を蓬萊宮といい、その左(西)の意から〕 熱田から名古屋にかけての称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の蓬左の言及

【名古屋[市]】より

…古くは那古野,名護屋,浪越とも書いた。別称蓬左(ほうさ)は,西からみて熱田(古名,蓬萊島)の左に位置するためである。《江家次第》裏書に平安時代末の荘園〈那古野庄〉として出るのが初見。…

※「蓬左」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蓬左の関連キーワード源平盛衰記(げんぺいじょうすいき)愛知県名古屋市東区徳川町茶屋新四郎(初代)名古屋市蓬左文庫名古屋市博物館小酒井 不木愛知(県)森 銑三蓬左文庫続日本紀徳川家康熱田神宮楽学軌範森銑三蓬萊宮朝鮮本名古屋明版東区大鏡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓬左の関連情報