蓬左(読み)ホウサ

大辞林 第三版の解説

ほうさ【蓬左】

〔熱田神宮を蓬萊宮といい、その左(西)の意から〕 熱田から名古屋にかけての称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐さ【蓬左】

古来熱田神宮を蓬莱宮といっていたところから、熱田神宮に向かって左、すなわち西の一帯の称。現在の名古屋市にあたる。
※俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「蓬左の人々にむかひとられてしばらく休息する程」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の蓬左の言及

【名古屋[市]】より

…古くは那古野,名護屋,浪越とも書いた。別称蓬左(ほうさ)は,西からみて熱田(古名,蓬萊島)の左に位置するためである。《江家次第》裏書に平安時代末の荘園〈那古野庄〉として出るのが初見。…

※「蓬左」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓬左の関連情報