コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮葉葛 はすのはかずら

大辞林 第三版の解説

はすのはかずら【蓮葉葛】

ツヅラフジ科のつる性草本。海に近い山地に生える。茎は緑色。葉は柄が長く広卵形で、蓮の葉のように盾形につく。雌雄異株。7~9月、葉腋ようえきに淡緑色の小花が密につく。果実は球形で朱赤色に熟す。地上部を千金藤と呼び薬用とする。イヌツヅラ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報