蓮角(読み)れんかく

精選版 日本国語大辞典「蓮角」の解説

れん‐かく【蓮角】

〘名〙
レンカク科の鳥。全長約五五センチメートル。羽が約二五センチメートルと長く、キジに似る。あしの指とつめが著しく長いのが特徴で、水面に浮くスイレンの葉上をも歩くことができる。頭およびくびの前面白色、くびの背面は黄色で、両部は黒線で画される。背面は紫褐色では白色。翼の先端と尾羽は黒い。腹面は黒褐色。冬羽は頭頂が赤みを帯び、背面は銅褐色を帯びる。中国・台湾・マレー・インドなど東南アジアに分布水草の茂った湖沼にすみ、昆虫や草の根・種子などを食べる。みずきじ。
② レンカク科の鳥の総称。世界の熱帯地方に七種が分布する。①以外は尾が長くないが、いずれも体型・習性は①に似る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蓮角」の解説

れん‐かく【×蓮角】

チドリ目レンカク科の鳥。体形クイナに似るが、繁殖期に尾が著しく長く伸び、全長約50センチになる。顔からのどと翼が白色、首の後ろが橙黄色のほかは黒色。指とが特に長く、スイレンの葉の上を歩いてを探す。南アジアに分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「蓮角」の解説

蓮角 (レンカク)

学名Hydrophasianus chirurgus
動物。レンカク科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android