コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔣光慈 しょうこうじJiǎng Guāng cí

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこうじ【蔣光慈 Jiǎng Guāng cí】

1901‐31
中国の小説家。安徽省六安の生れ。本名は蔣光赤,あるいは蔣俠僧ともいう。五・四運動の後,モスクワへ留学(1921‐24),帰国後,詩集《新夢》や論文を発表してロシアの十月革命を賛美し,文学の階級性を説いて青年層に衝撃をあたえた。1928年には銭杏邨(阿英)らと太陽社を結成して革命文学運動を展開。小説には《少年飄泊者》などがあるが,死後,はじめて単行本として出版された《田野の風》は,農村の階級闘争を描き井岡山をいち早く小説にとりこんでいる点でも注目される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蔣光慈の関連キーワード[各個指定]芸能部門シカゴ・ホワイトソックス内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家オークランド・アスレチックスオーストラリア・ニュージーランド文学クリーブランド・インディアンスストリンドベリニューヨーク・ヤンキース

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android