コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔭涼軒 いんりょうけん

世界大百科事典 第2版の解説

いんりょうけん【蔭涼軒】

京都五山の一つである相国寺(しようこくじ)山内の塔頭(たつちゆう)鹿苑(ろくおん)院の南坊にあった寮舎。創建年は明らかでないが,将軍足利義満が鹿苑院内に設けた寮舎に,将軍義持が蔭涼軒なる名を付したものと思われる。1425年(応永32)相国寺炎上に際し,蔭涼軒も焼失したが,39年(永享11)将軍義教によって再建された。しかし,応仁の乱に再び焼失し,以後再建されなかった。蔭涼軒は将軍の小御所的なもので,軒主は将軍であったが,留守職として近侍の禅僧があてられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蔭涼軒の関連キーワード蔭涼軒日録小栗宗湛伊勢貞親狩野正信羽田五郎足利義政雲渓支山足利義視亀泉集証季瓊真蘂景阿弥善阿弥立阿弥西陣軒号土蔵虚白赤坂

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android