コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔭涼軒(読み)いんりょうけん

世界大百科事典 第2版の解説

いんりょうけん【蔭涼軒】

京都五山の一つである相国寺(しようこくじ)山内の塔頭(たつちゆう)鹿苑(ろくおん)院の南坊にあった寮舎。創建年は明らかでないが,将軍足利義満が鹿苑院内に設けた寮舎に,将軍義持が蔭涼軒なる名を付したものと思われる。1425年(応永32)相国寺炎上に際し,蔭涼軒も焼失したが,39年(永享11)将軍義教によって再建された。しかし,応仁の乱に再び焼失し,以後再建されなかった。蔭涼軒は将軍の小御所的なもので,軒主は将軍であったが,留守職として近侍の禅僧があてられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蔭涼軒の関連情報