蔵田五郎左衛門(読み)くらた ごろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蔵田五郎左衛門 くらた-ごろうざえもん

?-? 戦国-織豊時代の武将。
越後(えちご)(新潟県)上杉氏の家臣。青苧(あおそ)(麻の粗皮)座の管理を担当し,徴税や青苧の京都移出などにたずさわる。永禄(えいろく)3年(1560)謙信の関東在陣中に春日山城をまもり,4年川中島の戦いの際にも留守居をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android