コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如心松葉

2件 の用語解説(如心松葉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

如心松葉

京都府京都市、井筒屋重久が製造・販売する銘菓。蕎麦粉や和三盆などを固練りし、薄くのばし松葉の形に切って焼いたもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

如心松葉
じょしんまつば

干菓子の一つ。井筒屋重久(しげひさ)の初代、近江(おうみ)国高島郡(滋賀県高島市)平井の領主であった平井加賀守(かがのかみ)源朝臣(あそん)秀名は、豊臣(とよとみ)秀吉の没後、隠棲(いんせい)して風流を友としたが、その間に松葉、松風など数点の茶菓子を創作した。とりわけ松葉は、枯山水にみるこぼれ松葉の風情をとらえた名干菓子で、のちに表千家7世如心斎宗左(そうさ)が露地の松葉とみて愛用してから、如心松葉といわれるようになった。そば粉、ニッケイ(肉桂)皮末、和三盆を練り、0.5ミリメートルの厚さにのし、そば切り包丁で松葉の大きさに断ち、天火で焼く。日に1000本しかつくれないという。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

如心松葉の関連キーワード衣笠うすべにおころ鍵もち菊寿糖夕ばえわすれ傘京都府京都市下京区石井筒町京都府京都市下京区井筒町京都府京都市中京区井筒屋町

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone