コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如心松葉

デジタル大辞泉プラスの解説

如心松葉

京都府京都市、井筒屋重久が製造・販売する銘菓蕎麦粉和三盆などを固練りし、薄くのばし松葉の形に切って焼いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

如心松葉
じょしんまつば

干菓子の一つ。井筒屋重久(しげひさ)の初代、近江(おうみ)国高島郡(滋賀県高島市)平井の領主であった平井加賀守(かがのかみ)源朝臣(あそん)秀名は、豊臣(とよとみ)秀吉の没後、隠棲(いんせい)して風流を友としたが、その間に松葉、松風など数点の茶菓子を創作した。とりわけ松葉は、枯山水にみるこぼれ松葉の風情をとらえた名干菓子で、のちに表千家7世如心斎宗左(そうさ)が露地の松葉とみて愛用してから、如心松葉といわれるようになった。そば粉、ニッケイ(肉桂)皮末、和三盆を練り、0.5ミリメートルの厚さにのし、そば切り包丁で松葉の大きさに断ち、天火で焼く。日に1000本しかつくれないという。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

如心松葉の関連キーワード京都府京都市蕎麦ほうる史生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android