薄膜レーザー(読み)はくまくレーザー(英語表記)thin film laser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厚さが光の波長の数倍程度の薄膜の形をした活性領域をもつレーザーにつけられた名称半導体レーザー,色素を薄いプラスチックに分散させたレーザー,薄膜状のガラスレーザーなどがある。光集積回路において発振増幅,変調素子として用いられる。共振器としてはブラッグ反射 (→ブラッグの条件 ) を利用した反射鏡を薄膜の中に分布させる方法がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android