コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩宝 さっぽうsa-bao; sa-pao

2件 の用語解説(薩宝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩宝
さっぽう
sa-bao; sa-pao

中国,北朝 (→南北朝) から隋,唐にかけ,西来のゾロアスター教の神祠や教徒の管理にあたった官名。ソグド人など胡人が任命された。隊商の長を意味するインドイラン系の語の漢字音写と解され,薩甫,薩保とも書く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さっぽう【薩宝 Sà bǎo】

中国,唐代の官名。イラン伝来のゾロアスター教(ないしマズダ教。中国では祆教(けんきょう))の神殿・祭事を管掌。長安布政坊の祆祠に置かれ,開元25年(737)の官品令では薩宝(視正七品)以下,薩宝府に祆正(視従七品)・祆祝・率・史(以上3者視流外勲,四・五品)が存した。北斉の薩甫や隋の薩保につらなり,祆神を信仰する胡人集団の統率者がこれに任ぜられ,ソグド人が多かった。薩宝の語は商主・隊商のリーダーを意味するsārthavāho(サンスクリット),sartpau(ウイグル語)と同系とみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone