胡人(読み)こじん(英語表記)Hu-ren; Hu-jên

  • ×胡人
  • 胡人 Hú rén

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国人が北方や西域の諸民族をいう汎称。前3世紀末に匈奴が勃興してからは,は匈奴の同義語として用いられたが,漢では西域人を胡ということもあった。唐代でも主として西域人をさしたが,北方民族をさしていうこともあった。前者の場合,東トルキスタンの住民のほかに,ペルシア大食やインド方面のものまでをさすこともあり,またソグドの住民だけを胡ということもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国,・漢ではもっぱら匈奴をさし,シルクロード往来が盛んになると西域の諸民族を西胡または単に胡と呼び,唐では広く塞外民族をあらわす一方で,特に多くイラン人をさした。深目高鼻・青眼多鬚(たしゆ)の胡賈(こか)・胡商は西方文物慣習をもたらして中国文化の世界化に多大の役割をはたし,それは日本にも及んだ。早く後漢の霊帝は胡服,胡帳,胡床,胡座,胡飲,胡箜篌(こくご),胡笛,胡舞を好み,都下の貴族もそれにならった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「胡」は古代中国北方の地) 古代、中国北方に住む胡国の人。転じて、未開の土地の住民。えびす。蛮人。また、外国人をいう。こひと。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)一二月二五日「胡人四口〈各居高一尺〉已上九種並捻彩色」 〔岑参‐胡笳歌・送顔真卿赴河隴〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android