コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡人 こじんHu-ren; Hu-jên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡人
こじん
Hu-ren; Hu-jên

中国人が北方や西域の諸民族をいう汎称。前3世紀末に匈奴が勃興してからは,胡は匈奴の同義語として用いられたが,漢では西域人を胡ということもあった。唐代でも主として西域人をさしたが,北方民族をさしていうこともあった。前者の場合,東トルキスタンの住民のほかに,ペルシア,大食やインド方面のものまでをさすこともあり,またソグドの住民だけを胡ということもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐じん【×胡人】

古代、中国北方の未開地方の人。野蛮人。えびす。こひと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こじん【胡人 Hú rén】

中国,秦・漢ではもっぱら匈奴をさし,シルクロードの往来が盛んになると西域の諸民族を西胡または単に胡と呼び,唐では広く塞外民族をあらわす一方で,特に多くイラン人をさした。深目高鼻・青眼多鬚(たしゆ)の胡賈(こか)・胡商は西方の文物や慣習をもたらして中国文化の世界化に多大の役割をはたし,それは日本にも及んだ。早く後漢の霊帝は胡服,胡帳,胡床,胡座,胡飲,胡箜篌(こくご),胡笛,胡舞を好み,都下の貴族もそれにならった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こじん【胡人】

胡の人。古代、中国北方・西方の異民族の人をいう。こひと。 →

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胡人の関連情報