コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薪の行道 タキギノギョウドウ

デジタル大辞泉の解説

たきぎ‐の‐ぎょうどう〔‐ギヤウダウ〕【薪の行道】

法華八講の第3日に、行基作といわれる「法華経をわが得しことは薪こり菜つみ水汲(く)み仕へてぞ得し」の歌を唱えながら、薪を背負い、水桶をになった者を列に加えて、僧たちが行う行道。歌は提婆達多品(だいばだったぼん)中に、仏が法華経を得るため「水を汲み、薪を拾い、食(じき)を設け」て、阿私仙に従ったとあるのに基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たきぎのぎょうどう【薪の行道】

法華八講の法会の三日目に、行基の作と伝えられる「法華経を我が得しことは薪こり菜つみ水くみ仕へてぞ得し」の歌を唱えながら、薪を背負い水桶をかついだ者が、大勢の僧の後について歩く儀式。 「 -などありて舞楽をも奏せらるべきなれど/延徳御八講記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薪の行道の関連キーワード提婆達多品薪樵る

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android