薬子(読み)クスリコ

  • ▽薬子
  • くすこ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 元日に、宮中で供御(くご)の屠蘇(とそ)を試しなめする未婚の少女。くすこ。《季・新年》
※九暦‐逸文・天暦九年(955)正月一日「供御膳如例。薬子・後取又同」
※枕(10C終)一五六「春日祭の近衛の舎人ども。元三のくすりこ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の薬子の言及

【毒味】より

…令制下の日本では,宮内省内膳司の長官である奉膳が,天皇の食事の毒味をすることになっていた。また,元日の屠蘇(とそ)を進めるにあたっては未婚の少女の中から選ばれた薬子(くすりこ∥くすこ)が試飲の役にあたった。中世には武家にもこの風がとり入れられ,試飲,試食を〈鬼〉〈鬼食い〉〈鬼飲み〉といい,それを行うことを〈鬼をする〉と呼んだ。…

【毒味】より

…令制下の日本では,宮内省内膳司の長官である奉膳が,天皇の食事の毒味をすることになっていた。また,元日の屠蘇(とそ)を進めるにあたっては未婚の少女の中から選ばれた薬子(くすりこ∥くすこ)が試飲の役にあたった。中世には武家にもこの風がとり入れられ,試飲,試食を〈鬼〉〈鬼食い〉〈鬼飲み〉といい,それを行うことを〈鬼をする〉と呼んだ。…

※「薬子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android